京都府城陽市の京都きづ川病院 京都中核の病院として、診療機能充実、地元医療機関との連携を目指します。

        

 

 

 

看護師への育児支援 あゆみ保育園

 

求人情報

 

 

 

 

このサイトは、日本インターネット医療協議会のトラストプログラムに参加しています。

 

平成28年度 京都きづ川病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 47 48 51 74 188 258 821 1252 940 350
H28年度退院患者さんの人数を10歳刻みで年齢階層別(10歳刻み)に集計した患者数です。年齢は退院時の年齢です。年齢階層別では、70歳代の患者さんがもっとも多く全体の31%を占めています。全体では、70歳以上の患者さんが63%を占めており、幅広く診療を行っている中で高齢者の方の割合が増えてきております。当院には、急性期病棟と地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、障害者病棟があり、急性期から切れ目の無い治療を行い、自宅、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム等への退院をめざします。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 11 44.82 21.25 9.09 82  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - 12.43 - -  
050130xx99000x 心不全 - - 17.95 - -  
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 - - 9.93 - -  
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 - - 2.6 - -  
内科系疾患のうち誤嚥性肺炎や腎臓または尿路の感染症(腎盂腎炎、膀胱炎等)は、高齢者に多く見られています。心不全は、主に狭心症等の虚血性心疾患の治療中に症状が悪化し入院されることが多くあります。胆管結石は胆管内に結石が生じ、胆管炎は胆管の狭窄や閉塞によって胆汁がうっ滞し、感染を伴うことで胆管内が炎症を起こします。内視鏡による手術や、抗生剤の投与等で治療を行っております。精神作用物質使用による精神および行動の障害は、薬を一度に飲み過ぎることにより意識混濁をきたす疾患です。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 136 46.21 21.25 13.24 85.63  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 39 10.79 11.06 2.56 69.23  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 35 45.29 19.24 11.43 77.94  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 34 6.79 5.24 0 70.32  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 34 5.94 9.02 0 73.38  
誤嚥性肺炎は食べ物・飲み物が誤って気管に入り唾液と共に細菌が肺に入りこんで起こります。抗生剤投与・嚥下訓練の治療を行っております。高齢であったり、脳梗塞の様な基礎疾患をもっておられる患者さんに多いので長期の入院となることがよくあります。敗血症は、肺炎や尿路の感染症等の疾患が重症化し発症します。特に高齢の方に多く、入院期間が長くなる傾向があります。前庭機能障害(めまい等)に対しては、主に点滴治療を行っております。胃の悪性腫瘍については、内視鏡を用いて胃の粘膜を切り取る手術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術)を行っております。
 
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 89 37.25 17.95 3.37 81.42  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 55 2.98 3.06 1.82 69.67  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 37 60.70 21.25 8.11 86.49  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 23 21.17 13.02 0 68.78  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 14 53.00 19.24 7.14 78.07  
循環器系では心不全の割合が一番多く、慢性の患者さんが悪化することで繰り返し入院される事が多い疾患です。高齢者に多く平均年齢が高くなっています。狭心症や心筋梗塞に対しては、心臓カテーテルによるステント治療等を行っております。また心臓のリハビリテーションにも力を入れております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 - - 6.42 - -  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) - - 5.79 - -  
080270xxxx0xxx 食物アレルギー - - 2.62 - -  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 - - 5.50 - -  
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 - - 6.09 - -  
小児科では喘息が最も多い疾患です。食物アレルギーの診断と治療にも力をいれております。次いで肺炎などの呼吸器感染症、ウイルス性腸炎等の感染性胃腸炎が続きます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 23 6.65 7.61 0 56.78  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 18 19.17 15.92 0 72.83  
060150xx03xxxx 虫垂炎 15 5.13 5.60 0 52.07  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 - - 11.97 - -  
060370xx97000x 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) - - 20.35 - -  
外科で最も多い疾患は胆のう炎・胆のう結石症です。腹腔鏡下を用いた侵襲の少ない手術を行っております。次に多いのが結腸の癌で、腹腔鏡又は開腹による手術を行っています。必要に応じ入院中もしくは通院で化学療法を行っております。虫垂炎に対しましても腹腔鏡もしくは開腹手術を行っています。手術を行わない場合は抗生剤の点滴治療を行います。蜂窩織炎に対しても抗生剤の点滴治療が主となります。腹膜炎は腸の穿孔が多く、手術にて縫合します。
 
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 87 56.25 27.63 1.15 80.43  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 32 38.72 20.57 0 81.59  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 20 45.90 20.47 0 80.25  
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 18 3.61 5.33 0 21.83  
160760xx97xx1x 前腕の骨折 17 11.06 10.63 0 72.76  
高齢者の股関節・腰椎の骨折が多く在院日数が長くなっております。早期回復のためリハビリテーションを早期より開始しています。急性期病棟から回復期リハビリテーション病棟までリハビリテーションを継続して行い、在宅又は施設への復帰を目指します。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 27 14.52 9.87 0 69.96  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 24 36.00 16.54 4.17 70.67  
010160xx99x00x パーキンソン病 24 33.13 18.71 4.17 73.33  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 21 10.71 7.52 4.76 55.62  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 18 39.39 19.35 33.33 73.39  
脳神経外科では、慢性および急性の頭痛、嘔気、嘔吐、意識障害、けいれん発作、めまい、四肢麻痺、四肢の痺れ等の診断と治療を行います。一番多かった疾患は慢性硬膜下血腫で、次いで脳梗塞、頭部外傷、脳出血と続きます。いずれも手術、リハビリテーションをとおして日常生活機能の改善を目指します。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 44 7.20 7.85 0 72.61  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 33 6.30 5.83 0 57.45  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 20 16.15 12.43 0 77.20  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 12 11.08 19.24 0 68.75  
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 11 2.00 2.82 0 55.36  
一番多い疾患は膀胱癌でした。膀胱癌に対しては、病態に応じて内視鏡を用いて癌の摘出を行います。また化学療法も行います。次に多かったのが尿路結石です、内視鏡を入れて結石を除去する方法と、体外衝撃波による結石の破砕を行っております。腎盂腎炎は高齢の方に多くみられました。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 35 - - 10 11 - 1 7
大腸癌 13 - 12 43 - 12 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 2  

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの数を、初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。UICC病期分類とは、UICC(国際対がん連合)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度 ②所属リンパ節への転移状況 ③遠隔転移の有無 の3つの要素によって各癌を Ⅰ期(早期)~ Ⅳ期(末期)の4病期(Stage)に分類するものです。 「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
当院では、胃癌、大腸癌の患者さんを多く診療しています。人間ドックやがん検診後の受診による早期発見の方から病期が進行している方、再発の方まで、幅広い患者さんに対し病態や社会的背景を踏まえて、手術・抗がん剤・緩和ケア治療等、総合的な治療を行っております。また、身体的負担の少ない手術(内視鏡的治療・腹腔鏡下手術)を積極的に行っており、最良の治療を提供できるよう努めております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 15.82 61.73
中等症 71 25.08 78.87
重症 - - -
超重症 - - -
不明 0 0 0
市中肺炎とは、通常の社会生活を送っている人にみられる肺炎で、重症度はA-DROPスコアを用いて評価します。
A:男性70歳以上、女性75歳以上、D:BUN21mg/dl以上又は脱水有り、R:SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下)、O:意識障害あり、P:血圧(収縮期)90mmHg以下
スコア0を軽症、1~2を中等症、3を重症、4~5を超重症と評価します。
当院は中等症が多く、また高齢の患者さんが多いので,重症化しやすく平均在院日数も長くなる傾向にありました。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 21 6.38 73.38 4.35
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 115 50.36 75.79 11.90
その他 11 43.09 72.18 1.59
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
ICD10とは、「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」のことで、死亡や疾病のデータを体系的に記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関(WHO)により定められた分類のことです。 当院は、脳梗塞の患者さんが全体の71%であり、殆どが高齢者の患者さんです。点滴の治療や早期のリハビリテーションを行い日常生活動作の改善するために在院日数も長くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 23 0 1 0 68.35  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - - - - -  
K6339 内ヘルニア手術 - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
内科では大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ切除術、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を行っております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 600 0.10 1.06 0 70.44  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 49 0.08 1.08 0 72.78  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 35 0.43 4.49 0 73.66  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 34 2.59 15.62 2.94 69.79  
K654 内視鏡的消化管止血術 30 0.37 22.53 13.33 77.87  
大腸ポリープの手術件数が最も多く、検診やドックで発見されるケースが多くありました。大腸ポリープや胃・十二指腸ポリープは内視鏡を用いて切除します。内視鏡的乳頭切開術は、内視鏡を十二指腸まで挿入し、膵管・胆管の出口を切開し、炎症などで生じる胆管狭窄を改善する手術です。内視鏡的消化管止血術は下血や吐血に対し、内視鏡で患部を確認し原因血管を塞ぐ手術です。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 16 0.13 21.13 0 70.44  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 13 4.15 3.77 0 73.38  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 11 0.18 21.73 0 67.73  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 1.80 13.60 0 70.60  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -  
循環器科では、狭心症・心筋梗塞・末梢動脈疾患に対しカテーテル治療を積極的に行っております。最も多いのが経皮的冠動脈ステント留置術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 1.41 4.52 0 58.44  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 21 3.71 16.43 4.76 73.57  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 15 1.47 3.60 0 64.33  
K6335 鼠径ヘルニア手術 14 1.43 5.71 0 69.57  
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -  
外科は、腹腔鏡を用いた手術を積極的に行っております。最も多かったのが腹腔鏡下胆囊摘出術で、次いで腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術となっています。しかし、患者さんの病態に応じて開腹を行うことがあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 83 1.64 48.88 2.41 74.94  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 36 2.56 65.53 0 81.08  
K0462 骨折観血的手術(下腿) 33 2.30 26.61 0 63.82  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 25 0.96 4.40 0 61.80  
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨) 22 1.91 24.41 0 60.00  
大腿骨の骨折が最も多く、高齢者が多いため入院期間が長くなる傾向があります。人工骨頭挿入術も高齢者が多く入院期間が長くなります。術前術後に早期にリハビリテーションを行い生活自立度を改善するよう努めています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 28 2.75 25.75 3.57 73.57  
K181-2 脳刺激装置交換術 12 3.08 15.25 0 68.58  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -  
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -  
脳神経外科で一番多いのが慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。頭部の打撲後1~2ヶ月後に脳に血がたまり、歩行障害等の症状の出ることがあります。頭蓋骨に小さな穴を開けて血腫を取り除き洗浄します。次に多いのが脳刺激装置交換術で、パーキンソン病等の患者さんの治療として脳刺激装置の設置後、何年かして交換を行います。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 45 1.42 5.04 0 72.40  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 33 1.55 4.12 0 57.97  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 31 0 1.00 0 54.16  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 27 0.70 12.37 3.70 73.07  
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -  
泌尿器科で最も多い手術は膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)です。膀胱にある癌を内視鏡を用いて電気メスで切り取ります。次に多いのが尿管結石に対する治療で、レーザーを使って除去したり、衝撃波を使って細かく砕きます。経尿道的尿管ステント留置術は、尿管が結石や腫瘍等で狭くなったり、ふさがったりしている状態を改善するときに行います。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 13 0.33
180010 敗血症 同一 18 0.46
異なる 54 1.37
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 21 0.53
異なる - -
4つの疾患とその発生率です。敗血症は細菌感染がもともとの感染部位から全身・血液内に及び、重篤な症状を引き起こす疾患です。播種性血管内凝固症候群はなんらかの原因で、血管の様々な場所で血液が固まってしましい、この血栓により多臓器不全の症状を引き起こす疾患です。入院の契機とは、入院にて治療する必要があると判断する元となった病名です。同一とは入院の契機となったものが播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症によるもので異なるとは、入院の契機となった病気の併発症として播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症が生じたものです。
更新履歴
2017/09/30
平成28年度分病院指標を公開。