京都府城陽市の京都きづ川病院 京都中核の病院として、診療機能充実、地元医療機関との連携を目指します。

        

 

 

 

看護師への育児支援 あゆみ保育園

 

求人情報

 

 

 

 

このサイトは、日本インターネット医療協議会のトラストプログラムに参加しています。

 

ジェンダー外来

診療時間:毎月第一土曜日14-20時、及び 毎週水曜日15-17時
診療内容:性別異和(Gender Incongruence)に関するご相談と治療を行います。

主な診療内容
(1) 性別異和に関するご相談(ピアカウンセリング)
(2) ホルモン療法のご相談
(3) 性別適合手術(SRS)のご相談、ご紹介、SRS術前術後ケア
(4) 卵子、精子保存のご相談

 

当院での診断と治療ガイドラインの概要(特例法を遵守しています)

(1) 精神科医(*)を含む二名の医師による独立した診断

(2) 婦人科(FtM)または泌尿器科(MtF)の身体検査(*)

(3) 染色体検査

(4) 性別適合医療のための第三者による判定委員会議での承認(*)

(5) 性別適合医療(内分泌治療、性別適合手術(*)

(6) 術後の身体検査(*)

(7) 戸籍変更のための診断書作成

(8) 家裁への申請

(*)印は連携する他施設での実施となります。

 

未成年の方などで特にご家族の意見を重視するなど細かいことは多々あります。また、性別適合医療および戸籍変更を希望される場合は性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律(法律第百十一号)の規定に沿って診断と治療を行います。詳細は以下の外部リンクでご確認ください。尚、次期国際疾患分類(ICD-11)から性別違和(旧・性同一性障害)は精神疾患から外されることが決まっており現在ガイドラインの見直し作業を行っておりますので今後の動向にもご注意ください。更に、外国籍の方は国際ガイドラインに沿った診断と治療は可能ですが、戸籍変更手続きは帰化されていない方については国籍のある国の法律に従って行う必要があります。

 

主な担当医

たかがき雅緒

京大医博、神経外科学、医療人類学、バンコク PAI リサーチフェロー、WPATH 会員

 

【お問い合わせ電話】

午前10時~午後4時(日・祝日を除く)

0774-54-1111(代表)

 

リンク:

性別の取り扱いの変更(裁判所)

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_23/index.html

 

性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律第3条第2項に規定する医師の診断書(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/general/seido/syakai/sei32/

 

性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律(法律第百十一号)(衆議院)

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/housei/15620030716111.htm


International Transgender Health Care(Peer Counseling):

 We are extending our medical care for gender incongruence of both pre/post-op foreigners who need health cares including hormone maintenance during stay in Kyoto for studying, working and sightseeing, and so on. Our clinic opens on every first Saturday at pm2-8 and on every Wednesday during pm3-5 for first visit. On line appointment, please e-mail to < takagaki.masao.67x@st.kyoto-u.ac.jp >.

Sorry we do not accept phone inquiries, only e-mail is available for foreigners.

Masao Takagaki, MD, Phd,