京都府城陽市の京都きづ川病院 京都中核の病院として、診療機能充実、地元医療機関との連携を目指します。

 

リハビリテーション室の理念・基本方針  リハビリテーションスタッフ

施設基準・リハビリテーション室の構成  診察日・診察時間

当院で実施しているリハビリテーション  リハビリテーション室の設備紹介

施設基準・リハビリテーション室の構成

施設基準
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料

 

リハビリテーション室の構成
理学療法科

筋力を強化する練習、関節を再び動かし易くする練習、また、体を温めたりすることで、痛みをとる治療を行い、身体機能の改善を図ります。
また、立ち座り、歩行、階段昇降などの基本的動作能力の向上を図り、自宅復帰の際によりよい生活が行えるように指導を行います。

作業療法科

練習により獲得又は残存した基本的動作能力を活かして訓練室や病棟において日々の生活をおこない易くする訓練を行います。
また、意欲の向上・精神面に対し、作業活動を通して心の安定を図り、家屋訪問など退院に向けて生活に必要な環境調整を行っています。

言語聴覚療法科

しゃべれない、しゃべりにくくなった患者さんを対象に言語の訓練を行います。記憶や認知などの高次脳機能障害の患者さんを対象に、日常生活の中に適応できるよう、働きかけていきます。
また、食べることに障害のある患者さんを対象に、訓練を行い、安全に食事していただける方法を獲得できるよう働きかけていきます。