京都府城陽市の京都きづ川病院 京都中核の病院として、診療機能充実、地元医療機関との連携を目指します。

 

 

 

看護師への育児支援 あゆみ保育園

 

 

求人情報

 

 

 

 

このサイトは、日本インターネット医療協議会のトラストプログラムに参加しています。

 

消化器内科

消化器内科とは

食道・胃・小腸・大腸の消化管疾患と、肝臓、胆のう、胆管、膵臓の疾患を扱っています。これらは口から入った食物が通過する、あるいはその食物を消化・吸収・貯蔵するための大切な臓器です。

 

苦痛の少ない検査で早期診断を

消化器疾患は急性期~慢性疾患、良性腫瘍~悪性腫瘍と幅広く、早期に正確な診断を行うことが大切です。しかし、そのために重要な内視鏡検査は患者様の苦痛が少なくなく、敬遠されることもしばしばです。楽に検査を受けていただくことを目指し、鎮静剤を積極的に用いた検査を行っています。患者様が受けやすい検査を実施することで、より正確な診断をより早く行えるようになると考えいます。
また吐血や下血などの救急疾患にも24時間対応し、さらには出血性胃潰瘍、消化管静脈瘤破裂などの困難な疾患も扱い、救命や治療成績の向上に努めています。
外科的に治療が必要な疾患には、当院外科との密接な連携により迅速な治療に結び付けています。

 

内視鏡治療を導入

 早期胃がんに対しては比較的新しい治療手技である内視鏡的粘膜下層剥離術を導入し、開腹手術を行わないがんの切除を目指しております。またこれまで暗黒の臓器と言われた小腸に対しても、カプセル内視鏡やダブルバルーン内視鏡を導入し、まさしく「光をあて」検査・治療を行っております。
総胆管結石症や悪性胆道狭窄症に対しても内視鏡治療を行い、良好な成績をおさめています。
慢性肝炎に対してはインターフェロン治療を行い、また肝臓がんに対しては冠動脈からの血管内治療やラジオ波焼灼術を行っております。
今後も、当科では可能な限り最新の検査・治療について研鑽を積み、機器や治療手技の導入を積極的に進め、地域住民の方々の様々なニーズに対応できるよう努めてまいります。

 

主な疾患

胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ヘリコバクター感染症、胃がん、食道がん、逆流性食道炎、大腸ポリープ、大腸がん、慢性肝炎、肝臓がん、胆石症、膵炎、膵がんなど。